ハチミツレシピ
   
 
ハチミツの美味しい食べ方を知っていますか?
「南ハチミツ」では、健康にすぐれた食品である「ハチミツ」の美味しい飲み方を紹介しています。特に「ハチミツ青梅漬け」と「レモンハチミツ」はとてもおいしくまた、作り方も簡単ですのでぜひお試しください。
   
 
下記のレシピからお好きなものを選んでクリックして下さい。
 
ハチミツ青梅漬け 高血圧の方におすすめ
レモンハチミツ 養生飲み
酢卵蜜 糖尿病の方におすすめ
アロエハチミツ漬け 骨粗しょう症の方におすすめ
ニンニクのハチミツ漬け
   
 
1)ハチミツ青梅漬け
■材料
青梅1〜1,5kg、ハチミツ1800cc(1升)
■作り方
1)梅は固く緑色の鮮やかなものを選ぶ。
2)梅を水洗いしたあと、水気をよくとり、充分に乾かす。
3)広口ビンに梅とハチミツを入れ、封をする。
4)梅がハチミツに漬かるまでよく混ぜる。
5)一ヶ月くらいで、美味しいハチミツシロップが飲めます。
6)その中に、ホワイトリカー、ウィスキーを入れると梅酒ができます。
■飲み方
小カップ1杯の「ハチミツ青梅漬け」を少し薄めて、1日3〜4回、食事の30分〜1時間前と寝る前に飲む。※夏は水で薄め、冷たくしてお飲み下さい。冬はお湯で割ると、おいしく飲めます。
 
UP
   
 
2)レモンハチミツ
■材料
レモン4〜5個、ハチミツ900ml(5合)
■作り方
1)レモン4〜5個を二つに切って、中味だけを絞って器に入れる。
2)その中へ、はちみつ5合を入れて、しゃもじでよくかき混ぜる。
3)これで出来上がり。すぐ飲めます。
■飲み方
小カップ1杯の「レモンハチミツ」を、少し薄めて、1日3〜4回、食事の30分〜1時間前と寝るときに飲む。※便秘する方は、大カップ1杯の水に薄めて飲む。※胃腸病、重いぜんそく、すぐ下痢する方は、レモンは入れないで、はちみつだけを生で飲んで下さい。※保管は冷蔵庫で。
 
UP
   
 
3)酢卵蜜
■材料
純粋酢180cc(薬局などに有)、はちみつ200cc、卵1個
■作り方
1)酢をコップに注ぎ、卵を丸ごと酢の中へ漬ける。
2)約10分で卵の殻の表面に気泡ができる。
3)比重が軽くなった卵は酢の表面へ浮かんでくるので、箸で気泡を散らして沈める。
4)4〜5日もすれば殻は完全に溶けるので、薄皮を箸で破り捨てる。
5)(4)のコップの中にハチミツを入れて、よくかき混ぜる。これで出来上がり。
■飲み方
作ったコップ1杯の「酢卵蜜」は、5〜1週間分。6日で飲むとしたら1/6が1日分だから、それを1日3回に分けて飲む。食事の30分〜1時間前に、約3倍の水に薄めて飲んでください。
 
UP
   
 
4)アロエハチミツ漬け
■材料
アロエ生葉3枚、レモン1/2、はちみつ適量
■作り方
1)アロエはトゲをとって洗い水気をよくふき取ったあと、2〜3ミリ厚さのせん切りにする。
2)輪切りにしたレモンと、(1)のアロエを蓋つきの容器に入れる。
3)レモンとアロエが隠れるくらいにハチミツを入れ、3〜4日漬ける。
■飲み方
1日ん大さじ1〜2杯が目安。水かお湯で薄めると飲みやすくなる。ハチミツに漬かっているアロエとレモンは食べられます。※保管は冷蔵庫で。
 
UP
   
 
5)ニンニクのハチミツ漬け
■材料
ニンニク適量、はちみつ適量
■作り方&飲み方
・大カップ1杯のハチミツの中へ、ニンニク4個を1ヶ月ほど漬けておきそのエキスを
 強壮剤として常用する。
・ニンニクをおろし金でおろしてハチミツに混ぜ、1ヶ月以上おいてから飲んでも
 よい。これは美容にもよく、肌の若返りに大変効果があります。
※ただし、あまり多量に用いると肌に強すぎるので、薄めてお使いください。
※ニンニクは、1年もハチミツに漬けておくと、すっかり臭いも抜け、美しいベッコウ色になります。そのまま食べてもなかなか美味しいものです。毎年漬けておけば、家庭常備薬としていつでも利用できます。
 
UP
   
 
6)高血圧の方におすすめ
■材料
干し柿適量、ハチミツ適量
■作り方&飲み方
1)干し柿のヘタを切り捨てて、タネを取り出し、輪切りにして、はちみつに漬ける。
 半月もたてばすっかりゼリー状になるので、水やお湯に入れていただく。
※昔から、柿の干したものを煎じて飲めば高血圧によいといわれています。柿は、葉や果実にコレステロールを除去する働きがあるのです。これにはちみつを加えれば効果は倍増。お試しください。
 
UP
   
 
7)養生飲み
■飲み方
・小カップ1杯の「レモンハチミツ」または「ハチミツ青梅漬け」を、
 1日3回少し薄めて飲む。
・コーヒーを飲むとき、砂糖のかわりにはちみつを入れて飲む。
・トーストにバター、マーガリンなどをぬり、すりごま、ハチミツをつけて朝食に
 とる。おやつでもよい。
※病気が治ってからも養生飲み(常用)すると、その病気が再発しにくくなります。
 
UP
   
 
8)糖尿病の方におすすめ
■飲み方
大さじ1杯「レモンハチミツ」または「ハチミツ青梅漬け」を、適度に薄めて、1日3回、食事の30分〜1時間前に飲む。昼に飲めなければ、寝るときに飲む、便秘するようなら大カップ1杯の水に薄めるとよいでしょう。下痢の場合は、レモンを入れないでハチミツだけを生のまま飲む。
糖尿病に甘いものがいけないことは誰もが知っています。だから砂糖はいけません。しかしハチミツは良いのです。砂糖にはショ糖が75%含まれていますが、ハチミツはブドウ糖と果糖が71%、ショ糖は2%、ビタミンとミネラルが23酢類もあり、その成分において砂糖とは雲泥の差があります。ただし、「純粋なはちみつ」、「適量」、「糖尿食」が大事です。。
 
UP
   
9)骨粗鬆症の方におすすめ
ミルクハチミツ
■作り方
牛乳1本、きな粉(スプーン1杯)、ハチミツ適量を合わせてよく混ぜます。
 
ヨーグルトハチミツ
■作り方
ヨーグルト1個、きな粉(スプーン1杯)、ハチミツ適量、すりごま黒(少々)を合わせてよく混ぜます。
UP